赤ら顔の治し方.net TOP > スキンケアの色々 肌質判断

肌質判断

人にはそれぞれの肌の質の違いがあります。表皮の薄い人、厚い人、脂肌の人、色白の人、色黒の人、アレルギー性の人、アトピーの人など肌質だけではなく、体質的な判断も必要です。自分の肌質にあったスキンケアを行うことはとても大切なことです。

簡単に肌質を判断できる方法があります。いつも通りの洗顔をして、その後しばらく何もせずに放置して肌の状態をみることによって肌質を判断します。洗顔した後はタオルでふき取って、そのまま夏場は10分、冬場では5分放置します。その後以下を参考にして肌質を判断してください。

・乾燥肌
肌全体につっぱりを感じ、頬や目元・口元が特にカサカサしている状態。全体的に乾燥しているので、目元や口元に小じわが見られます。スキンケアを怠ると肌荒れを生じやすくトラブルに発展する可能性があります。

・混合肌
肌全体につっぱりを感じ、頬や目元・口元はカサカサしているが、Tゾーンは脂っぽい状態。水分が不足している部分と皮脂分泌が多い部分があります。スキンケアを怠ると、目乾燥による小ジワができたり、Tゾーン部分にニキビができてしまいます。

・脂性肌
肌全体につっぱりを感じず、しっとりとした状態だが、全体的に脂っぽさを感じる状態。キメが荒く毛穴が大きいのでニキビができやすいことと、過剰な皮脂分泌による化粧崩れが目立ちます。

・普通肌
肌全体につっぱりを感じず、しっとりとした状態で、とくに脂っぽさを感じない状態。キメが細かく整っていて、しっとりしていてなめらかな理想的な肌です。

スキンケアの色々


ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/