赤ら顔の治し方.net TOP > 赤ら顔解消 脂漏性皮膚炎の治療

脂漏性皮膚炎の治療

顔面には毛穴が多く存在し、毛穴の皮脂腺からは皮脂が排出されています。脂漏性皮膚炎は、真菌によって分解された皮脂が脂肪酸を作り出して、その脂肪酸が皮膚を刺激することでできる皮膚炎のことです。過剰な皮脂の排泄は細菌による脂肪酸の編成に影響を与えてしまい炎症を起こすようになります。脂漏性皮膚炎の対策はいつも肌を清潔にしていることが大切で、炎症原因を見極めた治療が必要です。

脂漏性皮膚炎を自己診断することは危険なので、必ず医療機関で診断してもらって、真菌の検査を受けるようにしましょう。そして医師の指示に従って治療することが重要です。治療方法で効果的なのは症状がある部分や状態で薬を使い分けることです。治療のための薬では真菌を抑制する作用がある外用抗真菌剤や、患部の炎症を鎮静する外用ステロイド剤などが処方されます。

また、脂漏性皮膚炎を治療するために日常生活で心がけることがいくつかあります。

・肌を清潔にすること
入浴時は、低刺激性のシャンプーや石鹸を使用して、擦らず丁寧に洗い、皮脂や角質を洗い流しましょう。患部を摩擦するような行為は症状を悪化させてしまいますので気をつけましょう。

・バランスのとれた食事を心がける
脂漏性皮膚炎の原因のひとつにビタミンB2、B6の欠乏があげられます。これを克服するためにはなるべくビタミンB群を含んでいる食品を摂取するようにしましょう。ビタミンB群はレバーやほうれん草、魚介類、豆類、卵などに多く含まれています。