赤ら顔の治し方.net TOP > 赤ら顔解消 表皮を守る

表皮を守る

赤ら顔の場合、もともと表皮が薄い敏感肌であることや、角質層が丈夫に形成できない乾燥肌であるといった傾向があり、毛細血管が拡張しやすい状態が、慢性化していることが多くあります。肌に対する刺激はなるべく避けたいものです。

表皮が薄くてことからくる赤ら顔は、敏感肌や乾燥肌になりやすくかゆみなどの炎症を引き起こすことがあります。この痒みの原因は刺激によるもので、皮膚バリア機能が低下している状態なので、肌がとても敏感になっていることを示しています。赤ら顔は紫外線や細菌や肌への摩擦が表皮を刺激してしまうことで発症することが多いのです。

赤ら顔になる原因の一つに紫外線があります。紫外線から発生される活性酸素は、血管を拡張させるプロスタグランディンEという成分に作用するので毛細血管拡張を引き起こして赤ら顔を生じさせてしまいます。また活性酸素は細胞を酸化させるので、表皮の水分を蒸発させて肌のバリア機能を低下させてしまい、肌の老化や乾燥肌など肌トラブルも発生させてしまうのです。このように赤ら顔の解消には表皮を紫外線から守ることが大切です。

また赤ら顔を解消するためには、毎日の洗顔に気をつけることも大切です。赤ら顔のように表皮が薄くて敏感だと、石鹸や洗顔料の刺激に反応しやすくなっています。洗顔料に合成界面活性剤が含まれていると、合成界面活性剤のたんぱく質を溶かす性質によって、薄い皮膚がさらに薄くなり、敏感肌になる可能性もあります。洗顔時は泡で肌を優しく洗い摩擦から表皮を守るようにしましょう。

赤ら顔解消


酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/

アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!