赤ら顔の治し方.net TOP > 赤ら顔の原因 赤面症

赤面症

赤面症とは緊張した時などストレスを感じた時に赤くなることです。ストレスは交感神経を高め、急激に毛細血管の血液量が増加します。毛細血管は顔に多くあるため顔が赤くなりやすいのです。

毛細血管はどんな人にでもあるものですから、誰でも赤面することはあります。赤面症は毛細血管の拡張頻度が多いかどうか、もしくは毛細血管が顔の表面に表れやすいかどうかに左右され、それが個人差となってしまいます。

赤面症は対人恐怖症の一種ともいわれ、自分の顔が赤くなることを気にして、人と会って話をすることが苦痛に感じることもあるようです。赤面症は人によって異なり、頬が赤くなる方や耳たぶが赤くなる方や同時に汗をかく方など色々な出方があり、他人からは全く気付かれていないこともあるのです。

赤面症を改善するために大切なことは、なによりも深呼吸によってリラックスすることです。赤面症は心理的なことからくるものなので、できるだけ緊張した状態を作らないようにすることで、赤面症による赤ら顔の悩みを減らすことができます。赤面症は身体的な病気ではないので、自律訓練法などを行うことによって、環境に慣れていくことが大切で、時間をかけながらゆっくり克服する必要があります。

また赤面症改善法のひとつに、医療機関で薬を処方してもらうことがあります。しかし直接顔の赤みを改善するものではありません。赤面症の症状は強いストレスや緊張からくるため、投薬にはそれらを和らげる抗うつ剤や精神安定剤などが処方されることが多く、自分にあった薬であれば、数日でその効果が現れることもあるようです。

赤ら顔の原因


貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

省エネ 山形
こちらで