赤ら顔の治し方.net TOP > 赤ら顔の原因 誤ったスキンケア

誤ったスキンケア

赤ら顔は誤ったスキンケアに引き起こされることも多くあります。肌への過剰な刺激が肌を傷め、毛細血管を破ったり、角質層を破壊したりすることが原因で赤ら顔になるのです。

誤ったスキンケア方法によって赤ら顔を発症したり、悪化させている場合は、自らの赤ら顔の原因が、スキンケアからきているものだと気づかない方も多いのではないでしょうか。

赤ら顔は皮膚の表面にある角質が剥ぎ取られて薄くなることによって、毛細血管の赤色が透けて見えることです。洗顔時に顔を擦りすぎたり、ニキビケアのためのピーリングによって赤ら顔の症状が悪化してしまいます。

赤ら顔の人がスクラブ洗顔料や界面活性剤入りの洗浄力が強いクレンジング剤を使用すると、皮膚を傷つけてしまうことになり、角質層が破壊されてバリア機能が低下してしまいます。この結果として皮膚が薄くなって毛細血管が赤く透けて見えるような赤ら顔の症状となってしまうのです。またピーリング剤は皮膚の表面を傷つけので赤ら顔の悪化の原因となってしまいます。

手荒なマッサージを行ったり、誤ったやり方のレーザー治療では、角質を余計に剥がすことになり赤ら顔を悪化させてしまうことになりますので十分な注意が必要です。またエステサロンで施されるスキンケアが自分の肌にあっていない場合でも赤ら顔を発症したり、悪化させてしまいます。

またそのまま誤ったスキンケアを続けることで、シミが増えてしまうなどさらなる肌トラブルを起こす可能性もありますので、正しいスキンケアをおこなって素肌を健康にすることが赤ら顔の改善には一番の方法なのです。

赤ら顔の原因


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!