赤ら顔の治し方.net TOP > 赤ら顔の原因 赤ニキビ

赤ニキビ

赤にきびとは赤みを帯びたニキビのことです。ニキビは毛穴の中に溜まった皮脂を栄養として増殖するアクネ菌の代謝物が、毛穴内とその周りの皮下組織を刺激する事から炎症を起こして、悪化すると出来るものです。

炎症を伴うようなニキビができると、そのうっ血によってニキビが赤みをおびてきて赤ニキビとなります。当然多くの赤ニキビができると、それだけ広い範囲が赤くなり目立つようになります。

ニキビ痕を治すためにはある程度の時間がかかります。ニキビ痕が消えるまでの間に新しいニキビができ続けるような場合には、ずっとニキビの赤みが目立ち延々と赤い状態になってしまいます。

ニキビ痕が赤く残ってしまうような場合には赤ら顔となってしまいます。肌質によりますが、ニキビ痕の赤みが強く残ってなかなか消えない方がいます。こういう肌質の場合には、新しくニキビが出なくても、にきび痕の赤みだけが残り続けてしまいます。このような状態が継続すると、にきびが再発したり、他の肌トラブルを引き起こしたり、老化が加速したりというリスクが大きくなります。

ニキビが原因となる赤ら顔の方は、敏感肌を併発していることが多いようです。ニキビは表皮の角質が必要以上に厚くなることが原因となってできてしまいます。肌の表面に古い角質がたまって角質が厚くなって毛穴が塞がれてしまうことからニキビができてしまいます。ニキビによる赤ら顔はすでに化膿している状態からくるものなので、なるべく早めのケアが必要です。