赤ら顔の治し方.net TOP > 肌の炎症 細菌性の炎症

細菌性の炎症

ニキビを無理につぶしたり、切り傷をそのままにしていたりすると細菌性の炎症を起こしたりします。脂漏性皮膚炎も最近の新しい発見では皮膚の中にあるカビの一種癜風菌が原因と考えられています。

ニキビを無理につぶしてしまうと、毛穴から液体状や固形状のものが出てくることがあります。液体状のものは漿液というもので、まだ化膿していない状態です。固形状のものは膿の固まりで、すでに化膿している状態です。どちらにしても触ったり、つぶしたりしてはいけません。

ニキビをつぶすことで毛穴を傷つけてしまい、最悪の場合には毛穴が破れたり毛穴の周りの皮膚を傷つけてしまうことになり、跡が残る可能性もあります。そして、傷ついた毛穴から細菌が侵入すると炎症がさらにひどくなり、細菌の感染が回りに広がるとともにニキビも広範囲に広がってしまう可能性があります。

脂漏性皮膚炎の原因には、遺伝や過労、ストレス、睡眠不足、脂肪分や刺激物などの過剰摂取、皮脂の過剰分泌などがありますが、最近有力視されているのが、マラセチアと呼ばれる真菌の繁殖によるものです。

マラセチアはカビの一種で、皮膚の中に住んでいるカビです。特に皮脂分泌がある皮脂腺の出口から毛穴までを住みかとしているカビです。脂漏性皮膚炎の皮膚を調べてみるとマラセチアが発見されることが多くあります。マラセチアが原因で発症する脂漏性皮膚炎の治療には外用抗菌薬によって根気強く治していくことが必要です。