赤ら顔の治し方.net TOP > 肌の炎症 アトピー

アトピー

アトピーの正式名称はアトピー性皮膚炎であり、慢性的にかゆみや炎症を伴う湿疹の事を言います。しかし人によってその症状は様々で、手や顔だけなど症状が比較的軽い人もいれば、生まれつき全身に発症してしまう人もいます。

アトピー性皮膚炎は激しいかゆみを伴う慢性の皮膚炎で、年齢とともに症状が変化します。 乳幼児の時期は、生後2か月くらいから顔面にじくじくしたかゆみを伴う病変ができます。これは首や胸、四肢などにも広がっていきます。小児の時期は乾燥が進み、肘の内側や膝の裏側やおしりなどにかゆみがでます。 この時期に治癒しない場合は、思春期・成人期にも症状が移行することが多くみられます。また、小児の時期から発症し始めることもあります。

遺伝的なアトピー体質の人はアレルギーを起こしやすいのと、皮膚が乾燥しやすいという特徴をもっています。アトピー性皮膚炎はアトピー体質の肌が、ほこりやダニ、カビ、動物の毛などの外的刺激によってアレルギー反応を起こすことで発症します。乳幼児の時期は卵や牛乳などの食物でアレルギー反応を引き起こすこともあります。

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が低下してしまう皮膚疾患です。特に冬の乾燥する季節には、かゆみが増強するため、肌をかきむしってしまい炎症が悪化してしまいます。治療は症状が軽い場合は保湿用の外用薬を塗ります。症状が重く炎症が見られる場合のは副腎皮質ホルモン薬の外用と、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤の内服をします。日常的に掃除や布団干しなどでアレルゲンを減らすこともとても重要です。

肌の炎症


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!